進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

 ここまできたら、待ったなしだ。

 13日に初日を迎える大相撲1月場所。横綱稀勢の里(32)にとっては引退をかけた場所になる。

 初日の相手は昨年7月場所で初優勝を果たした御嶽海(26)、2日目は226キロの巨漢・逸ノ城(25)。難敵か、それともくみしやすい相手なのか。

 ある親方は「稀勢の里にとっては悪くはない相手」と、こう話す。

「御嶽海は優勝して以降は安定感に欠け、日によって出来がまちまち。稀勢の里にとっても最後に対戦した昨年9月場所では勝っており、対戦成績も6勝1敗。苦手意識はないはず。逸ノ城は稀勢の里以上の腰高で、前に出て圧力をかけると強い半面、受けに回るともろい。立ち合いから前に前にと意識して攻め込めば、怖い相手ではない」

 逆に言えば、この2人に連敗するようならジ・エンド。仮に昨年9月場所のように中途半端に勝ち越したとしても、11月場所と同じ轍を踏まないとは限らない。休場明けの9月場所は10勝。11月場所では「もちろん、優勝を目指す」と意気込んだはいいが、結果は初日から4連敗で休場した。

■ずるずると結論先延ばし

 これまで稀勢の里は見苦しいまでの悪あがきで、晩節を汚してきた。2017年5月場所から昨年7月場所まで、歴代最長となる8場所連続休場。うち、途中休場は4回だ。それでも「次は覚悟を決める」「来場所ですべてをかけたい」と言い続け、ずるずると結論を先延ばしにしてきた。

 現役時代、横綱大乃国として活躍した芝田山親方は、日刊ゲンダイのインタビューで「明日につながらないような相撲では横綱としての責任は果たせない」と痛感し、引退を決意したと語っていた。そのデンで言えば、稀勢の里が現役を続けるには単なる勝ち越しなどではなく、それこそ優勝するくらいでないと横綱としての責は果たせないのではないか。本人もさすがに、それくらいの覚悟は持っているだろう。

 今場所は2場所ぶりに白鵬、鶴竜も加えた3横綱が揃う。御嶽海、逸ノ城に負けるようなら優勝なんて夢のまた夢だ。

 11日は非公開の基礎稽古で汗を流した和製横綱。場所早々に引退を迫られる可能性はゼロではない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索