専門家も必要と…阪神藤浪の復活にメンタルケアのススメ

専門家も必要と…阪神藤浪の復活にメンタルケアのススメ

 今すぐ専門家の門をたたくべきだ。ここ3年、サッパリの藤浪は、連日のブルペン入り。「ローテーションに入って、シーズンを通して長いイニングを投げたい」と、アピールを続けている。

 成績不振は、疲労の蓄積と身体問題との認識から、昨オフは渡米し、メジャー右腕のダルビッシュと合同自主トレを行い、このオフはJRA騎手の武豊がプロデュースするジムで体幹を鍛え、股関節や肩周辺の可動域を広げるメニューもこなしたが、大事なことを忘れていないか。

 藤浪は制球難ではあったが、右打者の内角を攻められなくなり、四死球を連発するようになったのは2017年4月のヤクルト戦以降。その試合で畠山の頭部にぶつけてからだ。本人もそれは承知しているはずなのに、メンタルの問題と向き合おうとしない。

 阪神は昨年、15年ラグビーW杯男子日本代表のメンタルコーチを務めた女子大の女性教授の講習を受けた。この話が、どれだけ藤浪の役に立ったかは分からないが、今季に復活を懸けるなら専属のメンタルコーチが必要ではないか。多くのアスリートを指導しているスポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

「プロのアスリートで、レベルが高い選手ほど、ここ一番という時には心のあり方が大事になる。第1セットを取られるとズルズル自滅するケースが多かった大坂なおみ選手が、全米、全豪を連覇できたのは、プレー中に心をコントロールできるようになったことが大きい。藤浪選手は近年、結果にこだわり過ぎるし、重圧にも負けている。大坂にとっては、メンタルトレーナーでもあるサーシャ・バインというコーチがいる。藤浪選手も試合の前後に、褒めたり、励ましたり、心のあり方を導いてくれる専門家の指導を受けるのもひとつの手です」

 素直に、心の問題と向き合ってみてはどうか。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索