高卒ドラ1藤原はロッテの“メジャー流”キャンプで大丈夫か

高卒ドラ1藤原はロッテの“メジャー流”キャンプで大丈夫か

 これも米国式ということか。

 ロッテは11日に早々と石垣島キャンプを打ち上げ。今後は沖縄本島で練習試合などをこなすことになる。

 このキャンプでは、ドラフト1位の藤原恭大(18=大阪桐蔭)に注目が集まっていた。10日の練習試合(台湾ラミゴ)では3打数無安打も、初盗塁をマーク。二盗、暴投で三進し、犠飛で生還と足で魅せた。キャンプ打ち上げ後も一軍に帯同するという。

 とはいえ、藤原は高卒1年目のルーキーだ。ロッテはキャンプ初日から紅白戦を行うなど、メジャーさながらに実戦を重視している。国内のキャンプも体づくりがメインだった昔に比べ、現在はどの球団も早くから実戦に入る。藤原はオフのトレーニングにも限界があるピカピカの新人選手だ。それがいきなり実戦、実戦の連続で大丈夫なのか。

 評論家の山崎裕之氏は「特に問題はありませんよ」と、こう続ける。

「ロッテはオープン戦を含めて2、3月で30試合近い実戦を予定している。これは選手の技量を見極め、さらに経験を積ませるという井口監督の考えでしょう。試合が多ければ、それだけ選手の競争意識も高くなる。もちろん、ルーキーの藤原が先輩たちと同じだけの準備をオフにしていたとは思えない。それでも、実戦経験は重要ですからね。そもそも、高卒野手は育成に時間がかかる。藤原に最初から一軍についてこられる体力があるならまだしも、首脳陣が体ができていないと判断すれば3月以降にはファームに落としますよ」

 藤原は「(練習試合の)1日目からアピールしたい」と意気込んでいる。メジャー流キャンプがプラスになればいいが。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索