3年目は背水の陣で…ソフトB田中正義にドラ1の“賞味期限”

3年目は背水の陣で…ソフトB田中正義にドラ1の“賞味期限”

 ドラフトで5球団競合した大学ナンバーワン右腕――といっても、これだけで思い出せるファンがいるかどうか。

 ソフトバンクの2016年ドラ1、田中正義(24)のことである。11日にシート打撃に登板。打者6人を1安打に抑え、MAX149キロも計測した。1年目の17年は右肩故障もあって、一軍登板はゼロ。一軍デビューを果たした昨季は中継ぎで10試合に登板した(0勝1敗、防御率8・56)。

 ある球団OBは「1年目はそれこそ報道陣が目の色を変えていた」と、こう話す。

「田中が右肩故障でリハビリ組に合流したのは3月。それからというもの、担当記者らは『田中の二軍登板はいつか』と質問の嵐。二軍首脳陣はおろか、一軍のスタッフにも聞き回っていた。あるスタッフは『質問されるたびに、二軍に聞いてくれ、と答えているんですけどねえ……』とへきえきしていた。それが去年は報道陣の熱も冷めたのか、田中の動向はあまり騒がれなくなった」

 入団3年目の田中は「もう後がない」と背水の陣。ドラ1の賞味期限は短い……。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索