広島「先発10人構想」は前途多難 畝投手コーチからも疑問の声

広島「先発10人構想」は前途多難 畝投手コーチからも疑問の声

 4度目の正直に向けて本腰を入れている。

 リーグ3連覇を果たすも、いずれも日本一を逃してきた広島。昨季も投手力の脆弱さが見え隠れし、535与四球はリーグワーストだった。

 投手のアラを打力でカバーしてきたが、昨オフには丸が巨人へFA移籍。リーグトップだった出塁率(.468)、四球(130)のほか、打率.306、39本塁打、97打点をマークした中心選手を失い、得点力ダウンが懸念される。

 緒方監督は「先発10人構想」を掲げ、投手陣再建に躍起で、今季一軍に昇格した佐々岡投手コーチも「一岡と中崎以外は先発の可能性がある」と公言。大瀬良、野村、ジョンソンの3本柱に岡田、九里が続き、残りの1枚を薮田、床田、新外国人のローレンスで争わせる構えだ。緒方監督はこれでも飽き足らず、昨季、中継ぎとして53試合に登板したアドゥワ誠(20)まで先発候補に入れているのだ。しかし、畝投手コーチは厳しい現実を突きつける。

「(アドゥワは)高校時代は先発でも去年はずっと中継ぎやったけえ、相当な努力が必要。秋の時点で本人に言い渡して肩もつくってきとるけど、今のままじゃあ球種が少ないので苦しい。カーブとチェンジアップしかないから。スライダー系の速い曲がり球があれば何とかなるかもしれんけど(130キロ台の縦スラは習得済み)。中継ぎから先発への転向で一番しんどいのは、休みながら投げるという部分。中継ぎからすれば“(イニング)またぎ”と一緒。中継ぎの状態のまま先発でやろうというのは甘い考えやと思う」

 アドゥワ本人にその覚悟があるかということだ。さる21日に阪神との練習試合で先発した九里、岡田、薮田の先発候補が四球で軒並み自滅した。開幕まであと1カ月。緒方監督の壮大な構想は計画倒れに終わるのか。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索