巨人新守護神クック離脱に専門家が「むしろ好機」と指摘するワケ

巨人新守護神クック離脱に専門家が「むしろ好機」と指摘するワケ

■外国人先発2人有効活用

 巨人の守護神ライアン・クック(31)が23日、右肘の違和感のため、登録を抹消された。

 宮本投手総合コーチは「肘に違和感があるので不安を取り除くために検査に行く」と説明した。今季加入したクックは、ここまで8試合に登板し、0勝1敗6セーブ。代役には9試合連続無失点中で「八回」を任されていた左腕の中川皓太(25)が指名された。同コーチによれば、七、八回は吉川光、宮国、桜井、戸根、田原、高木らでカバー。24日に二軍からリリーフ要員として野上を一軍に呼ぶ意向も明かした。

 今季、年俸1億4300万円で獲得した新助っ人が早々と消えてしまった。ただでさえ脆弱な救援陣が、崩壊しかねない緊急事態発生である。「いや、そうとも限りません」と巨人OBで投手コーチも務めた評論家の高橋善正氏がこう言う。

「クックは6セーブといっても、全て2点差以上で挙げたもの。1点差で登板した試合はありません。走者が出ると途端にバタバタしますからね。クイックが苦手なため、走られまいと執拗に牽制を繰り返し、走者を気にしすぎる。先の広島戦で2点差をひっくり返されましたが、全体的に球威も制球力もそこそこ。セットになるとさらにその傾向が顕著になる。はっきり言って、厳しい場面で送り出すのは怖い。そんなクックの離脱でむしろ、4つの外国人枠を有効活用できるという考え方もできます」

 高橋氏が続ける。

「現在野手ではゲレーロとビヤヌエバが登録されているため、先発のヤングマン(2勝)とメルセデス(2勝1敗)の2人は、先発と抹消を交互に繰り返している。一度抹消すると、10日間あけないと一軍に戻せない。もったいないと思っていた。ヤングマンはまだ抹消したばかりだが(21日)、この2人が先発ローテで回れれば、エースの菅野(3勝1敗)、山口(4勝)と合わせ、強固な先発4本柱が形成できる。クックが足かせになっていたとは言わないが、先発陣が強化され、結果としてリリーフ陣をカバーすることにもなるのではないか」

■4年目左腕中川の安定感

 急きょ大役を担うことになった4年目の中川は、9試合で1勝3ホールド、防御率はいまだ0・00である。

「開幕からリリーフ陣の中で唯一、安定しているのがこの中川です。以前より腕の位置を下げ、スリークオーター気味にしてから良くなりましたね。直球のキレ、変化球もブレーキが利くようになった。かつての斎藤雅樹もそうでしたが、上から投げるよりサイド気味に腕を下げるとキレが増すタイプの投手がいる。不安定な助っ人を使うより、巨人の未来のためにも、よっぽどいい起用だと思います」(高橋氏)

 巨人は開幕前から抑え候補の外国人投手を探している。そもそも原監督はクックに全幅の信頼を置いていたわけではないということだ。ヤクルトに快勝した試合後、クックの抹消について「まあ、そうですね。ジタバタしてないよ。大丈夫」と大してショックを受けていない様子だった。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索