巨人菅野“腰の爆弾”の深刻度…OB投手は早期復帰に疑問符

巨人菅野“腰の爆弾”の深刻度…OB投手は早期復帰に疑問符

 巨人の菅野智之(29)が21日、腰の違和感で出場選手登録を抹消された。

 故障による二軍落ちは2016年8月に左足親指負傷で抹消となって以来、3年ぶりのこと。22日のDeNA戦に先発予定だったが、20日にブルペン入りした際に痛めたという。原監督は雨天中止となったひたちなかで報道陣に対応し、「腰の違和感というか、1回抹消して様子を見ようということ。そんな重症ではないと聞いているが、明日の登板はちょっと難しいということで、それなら抹消しようと。(10日間で復帰?)僕は分かりません。神のみぞ知るでしょう。しっかり治して早くなればいい」と説明した。

 最近はらしくない投球が続いていた。前回15日の阪神戦でプロ入り初の2ケタ失点となる自己ワーストの10失点。プロ入り後初めて4本塁打を浴び、六回途中11安打で降板していた。今季浴びた13本塁打は12球団ワースト。昨季まで2年連続で沢村賞を受賞しているが、7年目の今季は8試合に登板し、リーグトップタイの5勝(3敗)、同トップタイの2完投ながら、防御率は4・36で規定投球回数到達者でワースト2位だった。「明らかに疲労。ここ数年、投げさせ過ぎです」と元巨人投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「炎上した前回登板の際、下半身が使えていないことで、菅野らしい球のキレが影を潜めていました。10失点するまで投げさせたベンチもベンチ。もっと早く代えてあげないと、今後に響くと思っていた。今年もすでに中5日での登板があり、完投も2度。昨年はただ一人、200イニング以上(202回)投げている。いくらなんでも頼り過ぎ。程度にもよるが、勤続疲労からくる腰痛は蓄積したものなので、長引く可能性がある。昨年は畠が急性腰痛のため、春のキャンプ中に離脱。一軍に復帰したのは7カ月後の9月半ばだった。畠は今年も完調じゃないでしょう。下半身と連動している部分だけに、治った後も投球に影響が出やすい。だから菅野が心配です」

 正二塁手の吉川尚も首位打者を快走していた先月14日、腰痛のために登録を抹消され、1カ月以上経過した今も、復帰のメドは立っていない。

 再登録は31日以降。宮本投手総合コーチは「最短の10日で戻ってきたらベスト」と原監督同様、軽症を強調したものの、ただでさえ“一発病”の原因を究明しないといけない上、厄介なところに故障を抱えてしまった格好だ。巨人はこの日勝った広島に抜かれ、ついに首位から陥落。来月には苦手とする交流戦も始まる。絶対エースに長期離脱されては、このままズルズルいきかねないだけに、早期復帰が待たれるところだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索