マリナーズ菊池がメジャー初完封 田中将大以来日本人4人目

マリナーズ菊池がメジャー初完封 田中将大以来日本人4人目

 日本人ルーキーが、大仕事をやってのけた。

 マリナーズ・菊池雄星(28)が18日(日本時間19日)のブルージェイズ戦に登板し、2安打、8三振、1四球でメジャー初完封。6月23日のオリオールズ戦以来、56日ぶりの5勝目(8敗)をマークした。

 三回先頭打者に二塁打を許したものの、得点圏に走者を背負ったのは、この回だけ。グリチック(23本)、グリエルJr(19本)ら、一発のある強力打線を相手に、わずか96球で手玉に取った。

 日本人投手による完封は10人目。精密機械の異名を持つ好投手にちなみ「マダックス」といわれる100球以内での零封は、14年のヤンキース・田中以来、日本人4人目となった。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索