五輪テスト大会で浮き彫り「最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」の大嘘

五輪テスト大会で浮き彫り「最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」の大嘘

 高温のために馬がヘロヘロになった馬術、真っ赤に火照った顔から流れる汗を何度もぬぐうホッケー選手、台風などの雨水による水質悪化でスイムが中止になったパラトライアスロンW杯……。東京都内では今夏、東京五輪のテストをかねてさまざまな競技が行われているが、ハッキリしたのは、この時期の東京は国際競技大会を開く場にふさわしくないということだ。

 IOCは、2020年夏季五輪の立候補都市に対し、7月15日から8月31日までの間に開催することを決定。これを受け、東京五輪組織委は7月24日から8月9日を開催期間としたのだが、〈立候補ファイル 大会の全体的なコンセプト〉にはこう書いてある。

〈この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である〉

 おいおい、〈理想的な気候〉なら、なぜ、馬も選手もダラダラと汗をかいて死にそうな表情になっているのか。基準を大幅に上回る大腸菌で汚染されたお台場の海で、どうやって〈最高の状態でパフォーマンスを発揮できる〉のか。世界のトップアスリートが組織委の資料を読めば、ほぼ全員が「嘘つくな」とカンカンになるだろう。

 ほかにも〈夏季休暇に該当するため、公共交通機関や道路が混雑せず〉〈ボランティアや子供たちなど多くの人々が参加しやすい〉〈東京においても大会開催に影響を及ぼすような大規模イベントの開催を予定していない〉とあるが、混雑しないのであれば、わざわざ五輪期間中の渋滞対策として、首都高速の料金を変動させる「ロードプライシング」の導入なんて必要ないし、観光案内などを担う都募集の「都市ボランティア」が募集枠に届かない――なんて事態も起きなかった。

 展示会場として利用されている東京ビッグサイトは、五輪によって展示会の規模縮小や中止が懸念されるからこそ、業界団体が怒りの声を上げたのではないのか。

 とにかく、すべてが嘘まみれで、一度決めたら突き進む。五輪組織委の思考は、74年前の、大日本帝国軍部と何ら変わらない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索