メジャー移籍は先延ばしか DeNA関係者が抱く筒香・来季残留の淡い期待

メジャー移籍は先延ばしか DeNA関係者が抱く筒香・来季残留の淡い期待

 チーム関係者は「延長戦もある」と期待している。今オフの去就が注目されているDeNAの筒香嘉智(27)のことだ。

 昨オフの契約更改でメジャー挑戦希望を表明。今オフにもポスティングシステムで海を渡る可能性が高いとみられていたが、それが1年先延ばしになりそうなのだ。

 DeNAは首位巨人と7ゲーム差。21年ぶりの頂点に暗雲が立ち込めている。筒香はキャプテンに就任した2015年ごろから個人的な目標や数字を口にすることが激減。シーズンの抱負を聞かれると、口癖のように「ベイスターズで優勝すること」と繰り返すようになった。

 メジャーへの夢を公言した後もそれは変わらず、契約更改後の会見でもこう言った。

「メジャーに行くためにいい成績を残すのではなく、ベイスターズで優勝するためにいい成績を残したい」

 今季のここまでの成績は、抱き続ける大志とは裏腹に、打率.276、25本塁打、68打点。前半戦で不調が続き、7月には不動だった「4番」を外された。新たに座った「2番」では一定の結果を出してはいるものの、「日本球界を代表するスラッガー」と呼ぶには程遠い成績。44本塁打、110打点をたたき出した16年を境に下降線をたどっている。

■渡米を見越した打撃フォーム

 数年前からメジャー仕様へのモデルチェンジを図り、渡米を見越してメジャー投手特有の動く球筋を想定したタイミングの取り方を試行錯誤。日々、打撃フォームの微調整を欠かさず、打席ではそれがブレーキとなって数字に表れている部分もあった。20日からの阪神3連戦も11打数1安打。打点なしだった。

 筒香の入団当初とは違い、チームはかつての弱小球団ではなくなりつつある。キャプテン就任から1年後の16年に11年ぶりのAクラスでCSに進出。翌17年は3位から日本シリーズに出場した。今季、悲願のリーグVを果たせば大手を振って海を渡れる一方で、「優勝を逃せば、チームへの思いが強い筒香が来年のメジャー挑戦を封印するはず」とチーム関係者は期待するのだ。

 少年野球界の問題を提起するなど責任感の強い主砲。10年間所属したチームの優勝を見届けずに海を渡れるかどうか。

 チームに残留すれば、年俸4億円が球団に重くのしかかるのは事実だ。が、海外FA取得は21年シーズン。来季、優勝を果たして、ポスティングで海を渡ることが球団への最大の恩返しになる。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索