【ラグビーW杯】予選プールの見どころ「大番狂わせ」が生むドラマを楽しむ

【ラグビーW杯】予選プールの見どころ「大番狂わせ」が生むドラマを楽しむ

スポーツライター永田洋光・特別寄稿
【ラグビーW杯を存分に堪能する「マル秘情報」すべて教えます!】

 20日の日本―ロシア戦(午後7時45分開始=東京スタジアム)で6週間にわたるラグビーW杯の幕が開く。いまだに「ラグビーはルールが難しい」「どうせ日本は勝てないだろ」と距離を置く人たちもいるが、そんな狭い了見にとらわれて、このお祭りをスルーするのは、あまりにももったいない。世界最高のアスリートたちが持てる才能と力をフルに発揮し、競い合う一大スポーツイベントがW杯である。まずは予選プールの見どころを紹介しよう。

 ◇  ◇  ◇

 予選プールは5チームずつが4組に分かれ、総当たり戦が行われる。見どころはジャイアントキリング=大番狂わせが起こるかどうかだ。

 前回大会では、日本が2度の優勝経験を持つ南アフリカを34―32と破って「スポーツ史上最大の番狂わせ」を起こした。 過去にも、1991年大会で初出場の西サモア(当時)がウェールズを破り、2007年大会でもフィジーがウェールズを破ってベスト8進出を果たしている。

 下馬評で不利とみられた「アンダードッグ」が予想を覆して勝った例はもっと多く、それが魅力のひとつになっている。こうした番狂わせが起こるのは、優勝候補が6週間の長丁場を見据えてピークを大会後半にもってくるからだ。対するアンダードッグは、予選プールにすべてを出し切る覚悟で臨む。その温度差がドラマを生むのだ。

 もうひとつの見どころが「スピード」だ。ゲームが進むスピード感が、日本で行われるラグビーと全く違うのだ。

 特に各組の強豪たちが激突するゲームはパスの速さ、キックを追うスピード、ポジショニングの素早さとあらゆる点が異なり、違うスポーツのような印象さえ受ける。こうしたスピード感に加えて、生身の巨漢たちが激しいコンタクトを繰り広げるのだから、その迫力は凄まじい。

必見はニュージーランドvs南アフリカ

 強豪たちの激突は、21日のニュージーランド―南アフリカ戦(午後6時45分開始=横浜国際)が必見だ。両者は今夏の対戦で16―16で引き分けており、B組の首位通過をかけて激突する。

 ほかにもアイルランド―スコットランド戦(22日午後4時45分開始=横浜国際)、オーストラリア―ウェールズ戦(29日午後4時45分開始=東京スタジアム)、イングランド―フランス戦(10月12日午後5時15分開始=横浜国際)と、「巨人たちの対決」が続く。

 一方、番狂わせを起こす可能性が高いと目されている国が日本(A組)、アルゼンチン(C組)、フィジー(D組)。日本の目標は初のベスト8進出だが、28日のアイルランド戦(午後4時15分開始=静岡エコパ)がその試金石。予選プール最終戦ではスコットランドと対戦する(10月13日午後7時45分開始=横浜国際)。

 21日午後4時15分開始のフランス―アルゼンチン戦(東京スタジアム)は、どちらが勝つか分からない“ハラハラドキドキ感”を最大限に楽しめるゲーム。何しろ「死のC組」のベスト8進出がかかった大一番である。

 D組では、リオ五輪の7人制ラグビーで初代金メダリストとなったフィジーが「マジック」と形容される変幻自在なプレーぶりを発揮して21日にオーストラリアに挑む(午後1時45分開始=札幌ドーム)。10月9日に大分総合で行われるウェールズ戦(午後6時45分開始)も注目である。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索