初代女王から隔世の感…女子プロに20代1億円プレイヤー続々誕生

初代女王から隔世の感…女子プロに20代1億円プレイヤー続々誕生

【デサントレディース東海クラシック】

 10月から消費税が10%にアップし、小遣い事情がさらに厳しくなるサラリーマンには何ともうらやましい話だ。

 今大会は生涯獲得1億円に到達しそうな20代プロが5人もいる。

 三ケ島かな(23)は予選を通過すればクリア。

 辻梨恵(25)は単独6位以上、原英莉花(20)は単独2位以上。そして渋野日向子(20)と武尾咲希(24)は優勝が条件になる。

 注目を集める黄金世代では小祝さくら(21)が1億3318万円、勝みなみ(21)が1億2261万円、畑岡奈紗(20)が1億2052万円(国内のみ)とすでに3人が1億円プレーヤーに到達している。

 渋野の場合は全英女子オープン優勝賞金約7200万円が含まれておらず、実質1億円は突破している。

「女子プロ協会は日本プロゴルフ協会の女子部として発足して、1968年の初代女王に輝いた樋口久子の年間獲得賞金は35万円(2勝)です。岡本綾子が81年に賞金女王になったときの獲得賞金は3233万円(8勝)。もちろん当時とは試合数も賞金額も違いますが、昔は30歳を過ぎてからようやく一人前と言われた。だから今の20代女子プロの稼ぎには隔世の感があります」(ゴルフ記者)

 女性アスリートではテニスの大坂なおみ(21)が全米オープン、全豪オープンの4大大会2連勝などで生涯獲得賞金10億円を突破して別格だが、横峯さくら(33)も16年かけて生涯獲得賞金は10億4411万円になる。

 サラリーマンは朝早くから夜遅くまで40年近くコツコツ働いて、生涯年収は2億円程度といわれる。

 娘をプロゴルファーにさせたい、という親が急増するはずだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索