メルセデス好投も打線沈黙…巨人は日本シリーズ2連敗で本拠地も苦戦必至

メルセデス好投も打線沈黙…巨人は日本シリーズ2連敗で本拠地も苦戦必至

 巨人が早くも崖っぷちに追い込まれた。

 20日、福岡ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第2戦で、巨人は先発左腕・メルセデスが五回2死まで1人の走者も出さない完全投球。6回を1安打無失点の好投を見せたが、第1戦で2得点に封じられた打線がこの日も沈黙した。

 ソフトバンク先発のサブマリン・高橋礼に七回2死まで無安打に抑えられ、好投メルセデスを援護できず。この日は八回までわずか1安打に抑えられた。守っては0―0の七回に2番手・大竹が松田宣に3ランを浴びて先制されると、八回には3番手・桜井、4番手・高木が相次いで被弾。打線は3四球をもらった九回に3点を返したものの、時すでに遅しだった。

「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日おいて彼らが暴れるでしょう」とは原監督。この2試合で1番・亀井は6打数無安打、2番・坂本勇は7打数1安打、3番・丸も6打数無安打に封じられている。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

「第1戦で巨人打線を7回1失点に抑えて勝利投手になったソフトバンクの千賀が種をまきましたね。特に警戒する坂本、丸、岡本の上位打線に対し、150キロ台後半の直球で執拗に内角を突き、意識付けをした。この日の高橋礼のスライダーやシンカーに、坂本も丸も泳がされていた。腰が引けていたというか、好打者の2人がシーズン中にあそこまで体勢を崩されることはあまりなかった。特に内角がめっぽう強い坂本に、千賀が臆せず内角を突けたことが、第2戦にもつながったといえる。内角を強く意識付けされると、イメージを払拭する前に終わってしまうのが短期決戦の怖さ。原監督が言うまでもなく、この2人が封じられたままでは、巨人に勝機はありません」

 これで2013年の第7戦から日本シリーズのセ球団による敵地連敗が17に延びた。原監督はこの第2戦を重要視していたが、初戦に続き、またも完敗。「やられたらやり返す。第3戦まで少し時がある。救援陣が打たれたのは甘いところ。次は甘くいかないように」と語気を強めたが、2連勝発進のソフトバンクの優勝確率は62%から75%に上昇した。巨人の明るい話題は、22日から本拠地・東京ドームに舞台を移すことくらい。第3戦以降も苦しい戦いを強いられそうだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る