U-22コロンビアに0-2完敗…森保五輪Jは“ないない尽くし”

U-22コロンビアに0-2完敗…森保五輪Jは“ないない尽くし”

 五輪代表(Uー22)監督を兼務する日本代表の森保一監督にとって17日のUー22コロンビア代表戦(広島)は、絶対に負けられない試合だった。

 2020年東京五輪の目標として「金メダルを獲得する」と言い切っている森保監督にしてみたら、世界のトップ級ではないコロンビア相手に負けているようでは話にならない。
 
 さらに試合会場は、第二の故郷・広島である。長崎日大高を卒業してからはJ広島の前身・マツダでプレー。引退後は広島を率いて12、13、15年シーズンにJを制している。その論功行賞もあって日本代表・五輪代表兼任監督のオファーが舞い込んだ。広島のファンの前で恥ずかしい試合が出来るハズもない。

 兼任監督に就任してからも、常に〈被爆地への思い〉を口にする。その被爆地・広島で15年ぶりに開催された〈代表戦〉である。勝てないまでも完敗は避けなければならなかった。

 だからこそ森保監督は試合前から「現時点のベストメンバーでいく」と断言。日本代表に欠かせない存在であるスペインの久保建英(18)、主軸を張っているオランダの堂安律(21)の2人を先発させた。当然、メディアやサポーターの関心も高まり、いよいよ不出来な試合は見せられなかったにもかかわらず……。

 0ー2というスコア以上に無残な敗戦だった。

 試合後、ロッカールームで森保監督は「東京五輪で金メダル獲得という目標は私だけのものななのか?」「チームで共有している目標ではないのか?」と声を荒げたという。日頃から〈温厚過ぎる〉とヤユされる森保監督が怒りを露にするとは……。これはもうひとつの事件と言ってもいいだろうが、確かに試合を振り返ると指揮官がイライラするのもムリはない。

 現地で取材した元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「問題山積、前途多難という言葉だけでは済まないほどの多くの課題が噴出しました」とこう続ける。

「左サイドMF久保も右サイドMF堂安も個人での突破力、キープ力など特筆すべきプレーも少なくありませんでした。しかしながら久保と左ウイングバック、堂安と右ウイングバックの選手が連係を図りながら相手を崩すようなシーンは見られず、守備をキッチリこなしながら攻撃にスイッチを入れる役目を担うボランチ2人(中山と田中)も低調なパフォーマンスに終始しました。この2人に限らず、どの局面に置いても選手同士の距離感が悪くて良好なコンビプレーは皆無に等しく、攻守の連係もまったく取れていなかった。コロンビアの選手たちは、高い位置から日本選手にプレスをかけて常に2、3人でボール保持者を囲い込み、ボールを奪取した瞬間に鋭いシュートカウンターを仕掛けるーーと日本代表が〈やろうとしているサッカー〉をまんまとやられた。何から手を付ければいいのか? 指揮官は今、大きな苦悩と戦っているでしょう」

 試合会場のエディオンスタジアム広島には、2万6109人のファンが詰め掛けたが、試合を通してスタンド全体が沸き上がることはなかった。「ゴール裏の一部サポーターだけが声を張り上げて応援。他の観客は静か試合を見守っていた。これほど盛り上がらない日本代表の試合は久方ぶりでした」(六川氏)

 果たして森保五輪ジャパンの行く末は……。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る