巨人が3連勝で貯金を2とした。

 14日の中日戦の三回、松原の先制打、坂本の2点適時二塁打、梶谷の2ランなどで6安打を集中。一挙5点を挙げて試合を決めたものの、三回以外は無安打に終わった。

 チーム打率は・215でリーグワースト2位。先週10日には12試合連続3得点以下の球団ワースト記録に並び、原監督は「3点を目指しているんだけど、なかなか3点取れない。何とかしなきゃ」と嘆くなど、今季は得点力不足に悩まされている。

 13日から新外国人選手でメジャー通算196発のジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツ)、同96発のエリック・テームズ外野手(34=ナショナルズ)が一軍の試合前練習に参加。20日デビューの可能性があるが、球界では「新外国人は期待はしてもアテにはできない」という格言のようなものがある。新型コロナウイルス陽性判定を受けていた中島、丸、若林の3選手がこの日(14日)、川崎市のジャイアンツ球場で練習を再開したものの、即復帰というわけにはいかない。医療機関や自宅で隔離されていた期間を考慮され、しばらくは二軍で調整を行うというから、打線の低空飛行はまだ続く可能性があるのだ。

 そこで浮上するのが、トレードである。13日に決勝弾を放った広岡や香月といったトレード加入選手がいぶし銀の働きを見せている。昨季楽天で開幕二軍だったウィーラーは、巨人にトレード移籍して重宝される。今季の開幕当初は、貧打線の中で打撃好調。日本球界が長い(7年目)助っ人は頼りになることを証明している。

 さる球界関係者がこう言った。

「『二の矢、三の矢』と早めに手を打ってくるのが原監督。巨人は実績があって二軍でくすぶっている大物や有望な若手らを幅広く調査しています。この日、隔離が明けて二軍練習に合流したソフトバンクのウラディミール・バレンティン(36)が候補との情報もあります」

 層が厚いソフトバンクでバレンティンは完全に余剰戦力だ。昨季は打率・168。日本シリーズでも出番はなかった。36歳で年俸5億円。他球団ならとても手を出せないが、助っ人であふれ返る巨人において、外国人枠ではなく、「日本人扱い」というのはおいしい。9年間ヤクルトに在籍していたため、セの投手に慣れているというメリットもある。期待の新顔2人が打てばいいが、揃ってコケるようなら、最後の救世主はこの男だともっぱらだ。