メジャー初年度の昨季は51試合で打率.197、今季は26試合で同.167。それでも引く手はあった。

 ドジャースが日本時間の16日、レイズからウエーバーにかけられていた筒香嘉智(29)をトレードで獲得したことを発表。米紙によると、ドジャースが筒香に支払う金額はメジャー最低保証額とほぼ同額の約6200万円で、レイズ側が残りの年俸約7億800万円を負担する。

 レイズに続いて、今度はドジャースである。昨季のワールドシリーズを戦った両球団はどちらも「データ野球」を重視しており、選手の能力も数字で評価する。そんな2チームは筒香のどの部分を評価したのか。スポーツライターの友成那智氏はこう語る。

「レイズは筒香の長打力と四球による出塁率を見込んでいました。それでチームの野手では2番目の高年俸(2年約13億円)で契約したのに、結果が出なかったのです」

■“お試し補強”なら10打席でクビも

 それならドジャースはなぜ、手を挙げたのか。ウエーバー期間を通過すれば、自由契約となっただろうから、“タダ同然”で買いたたけたはずだ。

「単に左打者が欲しかったからでしょう」と前出の友成氏が続ける。

「チームは開幕直後の4月前半までは勢いに乗ってましたが、最近は負けが込んでいる。打線を活性化させるために、勝負どころでの対右腕投手用の代打要員として白羽の矢が立ったのです。年俸はレイズが大半を支払うので懐はさほど痛まない。リーグが違うので他球団からのマークが薄く、メジャー初年の序盤のように打てるかもしれない。『少し試してみるか』くらいの感覚だと思います」

 新天地が決まったが、喜んでばかりではいられない。「こういったメジャーの『お試し補強』の場合、10打席くらいでクビなんてことも珍しくありません」とは前出の友成氏だ。