【住友生命レディース 東海クラシック】第1日

 スコア以上に差のある内容だった。

 渋野日向子(22)はプロ入り同期の稲見萌寧(22)と同組で回り4バーディー、2ボギーの70で、2アンダー、7位タイ。3アンダー3位タイの稲見は3バーディー、ノーボギーの69だった。

 渋野は終盤に3つのバーディーを奪っただけに、13番、14番の連続ボギーがもったいない。ボギーを打たない稲見のゴルフを絶賛し、「簡単ではないのに簡単に見える。あれは萌寧にしかできないと思う」と話した。

 一方、稲見の唯一のピンチは9番(406ヤード・パー4)。ミスした第1打は右からの強風の影響を受け、大きく左に曲げてラフへ。153ヤード先のピンは狙えずフックをかけた第2打はグリーン手前のバンカーへ。ピンまで35ヤードのショットは50センチに寄せてパーをセーブした。

「あそこで耐えられたことが後半に生きた」と言った稲見のリカバリー率70.76%(36試合)はツアー2位。国内試合が少ない渋野は規定ラウンド数に満たないものの14試合で63.15%と成績が悪い。大会初日はそんな2人の違いが出た。

 そういえば渋野は8月の全英女子では、1イーグル、16バーディーを奪いながら、2ダブルボギー、13ボギーと出入りが激しく、通算1アンダーで34位。通算12アンダーで優勝したノードクイストは18バーディーを奪って渋野と同じアンダーパーを記録し、ボギーはたったの6個だった。いくらバーディーをとってもボギーで吐き出す雑なゴルフはメジャーでも、国内でも変わらない。技術の問題なのか、メンタルの問題なのか……。

 ちなみに首位は通算6アンダーの大里桃子(23)。