移籍先のリトアニア1部スドゥバが「海外8カ国目・9チーム目」となった元日本代表MFの本田圭佑(35)。契約期間は同国リーグが閉幕する今年12月まで。たとえフルに出場しても15試合ほどだ。

 前所属のアゼルバイジャン1部ネフチを7月15日に退団して以来、実戦から遠ざかっており、コンディション調整に時間がかかるのは必至。リトアニアでの出場は10試合にも満たないというのが、サッカー関係者の見立てだ。

 移籍発表後に「悪あがきがしたい。お金のためではない」とコメントした。確かに多くの稼ぎは期待できない。

「リトアニア1部の上位クラブでも、助っ人選手の年俸相場は400万円ほど。W杯3大会連続出場、3大会連続ゴールという勲章を最大限に評価されたとしても、本田の年俸は600万円前後」(前出の関係者)ともっぱらだ。

 確かに異国で暮らすには「生活できるだけの金額」(本田)だろう。

「いやいや年俸以外の余得もあります」と別の関係者が続ける。

「契約しているスパイクのメーカーが、選手と交わす契約金は<日本代表><1部所属><2部所属>とカテゴリーごとに差を付けている。ちなみに本田はイタリアの強豪ミランに所属していた時期、契約金が年間1億2000万円だったといわれている。今は日本代表の肩書もなくなったが、メーカー側から『どこの国でも1部リーグは1部リーグ。相応の契約金を払う』と約束されているみたい。欧州サッカー連盟のランキング30位台のサッカー小国・リトアニアでも、1部契約選手ということで月200万円はもらえるでしょう」

 W杯と無縁の国のリーグでも1部チームなら十分な小遣い稼ぎになる。

 本田の「1部リーグ世界行脚」は、まだまだ続きそうだ。