エンゼルス・大谷翔平(27)への死球が両球団による遺恨に発展しそうだ。

 日本時間17日のホワイトソックス戦の九回、相手の6番手右腕ライトから右ふくらはぎに死球。審判団による協議の末、ライトに退場処分が下り、これに猛抗議したラルーサ監督(76)も退場を宣告された。エ軍投手陣はホワイトソックスとの3連戦初戦で主力アブレイユらに3死球を与えており、アンパイアは報復死球と判断したようだ。

 二刀流への死球に日頃、冷静なマドン監督(67)も激昂。「あれは報復だ。間違いないね」と珍しく声を荒らげた。

 ぶつけられた大谷は大事には至らず、出塁すると相手のシーツ一塁手と肩を組んで談笑するなど、意に介さずといった様子だったが、球団同士となれば話は異なる。メジャーでは年をまたいでも前年のトラブルを引きずり、報復に出るのは珍しくないからだ。

 ラルーサ監督は昨季までエ軍のシニアアドバイザーを務めていたこともあり、両軍のベテラン指揮官は親交が深い。旧知の間柄とはいえ、売られたケンカに及び腰ではチームの士気にも影響しかねないだけに、来季も両軍による報復合戦が展開されそうだ。

 メジャーで首脳陣から報復死球を指示されれば従うしかない。主力打者にぶつければ乱闘の引き金になるし、逆に大谷が打席に立てば、ホ軍投手陣の格好のターゲットにされるのは明らかだ。

 来季はトラウト、レンドンの強打者2人が故障から復帰する見込み。これまでならMVP受賞経験があり、勝負強いトラウトが相手球団からの報復の対象とされてきたが、今季の活躍から大谷は主砲に位置付けられる。来季のエンゼルスはホワイトソックスとの直接対決が計7試合あり、4月末から5月上旬にかけて4試合が組まれている。

 来季のローテ次第では大谷が登板時に打席に立つリアル二刀流で起用される可能性もあるだけに、因縁の相手には要注意だ。