ボヤキはもっともだ。女子テニスの大坂なおみ(23=世界ランク8位)が、パリバ・オープン(10月6日開幕)を欠場する。22日に主催者が発表した。

 大坂は、12日に閉幕した全米オープン3回戦で敗退後、「少しツアーを離れる」と言った。

 伏線になったのは5月の全仏オープンだ。大会前、選手のメンタル面が軽視されていると訴え、自身のSNSで記者会見には出席しないと述べ、1回戦の勝利後の会見を拒否。主催者から1万5000ドル(約164万円)の罰金を科せられた。するとツイッターで、2018年の全米オープン以降、長い間うつに悩まされてきた事実を告白。2回戦を棄権した。

 この件に関しては、多くの選手が大坂に同情したが、戦列を離れることについては、こんな声もある。

 あるツアー関係者がこう語る。

「ナオミは、優勝した昨年のUSオープンのときは黒いマスクで人種差別反対運動の姿勢を見せ、世界中から支持された。でも、メンタルヘルスの問題で記者会見を拒否することには異論を唱える選手もいます。ある選手は『会見に応じるのはプロの仕事』であり、しばらくツアーを離れることも『多くの問題を抱えている選手は世界中にいるが、支えてくれるスポンサーや自身の生活のために戦っている。ナオミの心の問題は理解できるが、トッププロなのにツアーに出ないと言えるのは、莫大な収入があればこそ。自宅でテレビを見ていても勝手にお金が振り込まれるわけですから』と、いうわけです」

■広告収入60億円

 今年6月、米経済誌フォーブスは、大坂の年収が約6000万ドル(約65億円)と報じた。そのうち、約5500万ドル(約60億円)は20社以上の契約スポンサーから得る広告収入であり、前年に続いて世界で最も稼ぐ女性アスリートであることがわかった。

 これだけの稼ぎがあれば、遮二無二働くこともないか。