3位巨人は26日、2位阪神との直接対決3連戦の第3戦に3―4で敗れ、2敗1分けと負け越した。阪神とのゲーム差は4に広がり、自力優勝の可能性が消滅した。

 先発した山口俊(34)は三回2死から大山に看板直撃弾を食らい、先制を許した。続く糸原に四球を与えたところで原監督に交代を告げられた。3回途中2安打4四球1失点。球数は70球だった。

 山口は日本では14年ぶりとなる中4日での先発だったが、あえなく撃沈。自身6連敗で7敗目(2勝)となり、7月7日を最後に、9試合も勝ち星から遠ざかっている。

 巨人のチーム防御率はリーグ4位の3.59。阪神は同3位の3.54で、首位ヤクルトは同2位の3.43だ。さる球界関係者がこう言う。

■ヤクルトとの決定的な違い

「巨人からすれば、えっ? って感じでしょう。ヤクルトは4番の村上を中心とした破壊力抜群の打撃のチームという認識。確かに得点はリーグでダントツだし、ヤクルトの巨人戦防御率は5.06。巨人はヤクルトの投手を打っているだけに、『投手力は弱い』と思っても不思議じゃない。それなのに、チーム防御率もすでに抜かれています。ヤクルトの高津監督は今季、先発ローテーションを徹底的に管理していて、この日先発した石川がチームで初めて中5日が解禁されたほど。これまで中5日以内での起用は一度もないというから徹底している。巨人、阪神と比べて駒が足りないヤクルトでは、よほどの忍耐力がないとできないことです」

 その点、巨人は真逆である。原監督は今月に入り、先発ローテを6人から5人に減らし、「中5日は当たり前」という方針を打ち出した。それどころか、この日の山口を含め、すでに菅野、メルセデスも中4日での登板を経験している。ベンチがムチを入れまくっているのだが、この「少数精鋭ローテ」が完全に裏目。首位で入った9月に6勝11敗5分けで3位に転落した要因とされている。さるチーム関係者が声を潜めてこう言った。

「V逸が現実味を帯びる中、問題は誰が責任を取るかです。どうやら契約最終年の原監督ではなく、宮本チーフ投手コーチが詰め腹を切らされると、もっぱら。中5日や中4日の登板は原監督の方針だし、桑田投手チーフコーチ補佐も安泰というのはおかしな話だが、投手部門の責任者は宮本コーチだからということのようです」

 原監督は試合後、自力優勝の可能性がなくなったことについて「オレたちは別に心構えとしては全く変わらない」とコメントしたが、阪神との直接対決で1勝もできなかった事実は重い。V逸が近づいてきた巨人の嵐のオフは、そこまで迫っている。