【カシオワールドオープン】第1日

 今週は試合より、外野のほうが賑やかだ。

 大会主催者と所属契約を結ぶホストプロの石川遼(30)が試合に出場できず、わざわざ会場まで赴いて謝罪会見を開いたからだ。

 米下部ツアーQTに失敗し、帰国後の自主隔離中に規則違反を犯してJGTOから1カ月の出場停止処分を受け、JGTO副会長と理事を辞任。大会前日の会見で頭を下げた。

 折しも当日は来年4月に開催される新規大会「ISPSハンダ 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」(PGM石岡GC・茨城)の記者会見が都内で行われており、バッティングした。翌日のスポーツ紙は謝罪会見の記事が大きく、新規大会を伝えるスペースが小さくなった。大会開催に向けて奔走したISPS半田晴久会長にとって石川の謝罪会見は寝耳に水。だから、「(共催大会のプロアマに)石川君を呼ばないようにしようと思う」と怒りを買ってしまった。

 そして欧州ツアーと初の共催大会という大事な記者発表に、「ビデオメッセージ」を寄せただけの青木功JGTO会長もヒンシュクを買っていた。

「なぜ青木会長は出席しないの? と不思議に感じた記者も多かった。どうやら『カシオのプロアマ出場を優先していい、記者発表には出なくてもいい』と言われていたようです。というのも、記者発表前に青木会長は新規大会について口を滑らせていたそうです。それではせっかくの記者会見も意味がなくなってしまうと主催者が慌てたのです。会見に出席して青木会長に失言されても困るという不信感もあったと聞いています」(内部関係者)

 青木会長には“前科”がある。2018年に開催された優勝賞金5200万円の高額大会「ISPSハンダ・マッチプレー選手権」の大会記者発表、プロアマ戦、表彰式と大事な行事をすべて欠席。主催者がプロアマ参加者にJGTO関係者不在を謝罪し、その年で試合が終わってしまった過去があり、青木会長への不信感はいまだにくすぶっているという。

 会長の青木にしろ元副会長の石川にしろ、JGTO上層部は揃いも揃って常識が欠落している。