嘘みたいな試合日程になるか。

 5日、セ・リーグは今季の追加日程を発表。最も過酷なスケジュールとなったのがDeNAだった。9月に当初から組まれていた9連戦に加え、15日の移動日を挟んで10連戦の後、26日の予備日がつぶれれば17連戦も。しかも、9月19日は東京ドームでデーゲーム、翌20日は甲子園でナイター、21日は横浜スタジアムでナイターという大移動が待ち受けている。

 新型コロナウイルスによるものも含め、14試合が中止になっていて、現時点で9月は30日間で27試合とセ最多。三浦大輔監督(48)は「予想していました。われわれは日程通りやるだけ。もちろん、選手のコンディショニングはしっかりやらないといけないと思っている」と語ったが、他の球団も他人事ではなくなるかもしれない。

 特に本拠地の横浜スタジアムは屋外球場。コロナだけでなく、不安定な天候にも左右される。8、9月は台風の接近や上陸数が最も多い月とされ、組まれた過密日程が再び中止になる可能性もある。そうなれば、日本球界では24年ぶりとなるダブルヘッダーもますます現実味を帯びてくる。すでに先月末の臨時実行委員会で井原事務局長は「ひとつはダブルヘッダーの実施というものも検討を始めなければいけないという部分の認識は12球団で共有した」と言及していた。

 ダブルヘッダーも単発で終わればまだマシ。「ダブルヘッダー3連戦」や「トリプルヘッダー」など、ありえない日程も冗談ではなくなるかもしれない。