岩瀬、川上憲伸に「人生狂わされたと」中日言葉の力

岩瀬、川上憲伸に「人生狂わされたと」中日言葉の力

<言葉の力:中日編>

 森新監督を迎えて出直しを図った中日だったが、5位で5年連続Bクラスに終わった。6月3日に荒木が通算2000安打を達成。8月6日には岩瀬がプロ野球新記録の950試合登板を果たした。ルーキー京田が新人王を獲得したものの、ベテランが目立ったシーズンだった。担当記者の印象に残った言葉は…。

   ◇ ◇ ◇

▽森監督「今日は俺は一番すがすがしい試合だと思っているよ。ちょっとお客さんには失礼かとも思うけど。この先、みんなにいい思いをさせるときが来るでしょう」(6月16日、西武菊池との志願の投げ合いで炎上した小笠原。8回まで続投させた指揮官は、終盤に意地を見せた19歳左腕の未来を確信した=柏原誠)

▽京田「(プロ初安打の記念球は)記念に持っておこうと思いますけど価値はない。もう1本打てたと思うので」(3月31日巨人戦で新人ながら開幕スタメン。決して満足しない姿が新人王につながった=宮崎えり子)

▽荒木「33本のおかげで2000本打てたって感じですね」(6月3日、節目の一打に。通算33本塁打は2000安打到達者で最少。欲をかかず小技を磨いてきた22年間=柏原誠)

▽鈴木「今年は何としても結果を残したかった。こうして浜松で勝たせてもらった。少しでも成長した姿が見せられたと思う」(6月27日阪神戦、地元・浜松での初勝利。流した一筋の涙に、入団から苦しんだ3年間が込められていた=宮崎えり子)

▽岩瀬「最初がああいう形で、川上憲伸に『人生狂わされた』と言われた。これだけ重いものを背負っているのかと。ホッとする瞬間はない」(99年のプロ初登板で1死も取れず、開幕投手川上の勝ちを消した。そこから積み上げ、8月6日に前人未到の950試合登板を達成。今季954試合まで延ばした。大記録達成の直前に精神的な苦労を語った=柏原誠)

▽森野「高校からドラフトで入って、少し大人になって野球を終われた。正直、練習しか思い出にない。優勝、日本一も経験した。野球選手は勝って輝くんだと思う」(9月24日広島戦で引退試合を迎えた。強い中日を支えた裏には努力があった=宮崎えり子)

▽ゲレーロ「中日は最初のチームで愛着もある。とても感謝している。戻りたい気持ちはあるが、これはビジネス」(10月7日、離日に際して。日ごろ中日愛を強調していたが、最も高く評価された球団に行く意思は固かった。2カ月後、巨人移籍が判明=柏原誠)

▽大野奨「谷元さんから中日は心の澄んだ選手が多いと聞いています。悪いことじゃないと思う。まずはその言葉を信じたい」(12月13日の入団会見で。日本ハムから先に中日入りしていた谷元のチーム情報がユニークだった=柏原誠)

▽西山球団代表「ノーコメント。何も話しません。今はドアラの契約更改で頭がいっぱい」(松坂獲得の可能性について最後までノーコメントを貫いた。しつこい報道陣に、とっさにドアラの名前を使って逃げ切りに成功=柏原誠)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索