阪神金本監督、惜敗も「殻を破りつつあるのかな」

阪神金本監督、惜敗も「殻を破りつつあるのかな」

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム8−7阪神>◇13日◇札幌ドーム

 阪神は3点を追う9回2死走者なしから1点差まで追い上げたが、1歩及ばなかった。

 中谷、鳥谷の連打で一、二塁の好機を築く。代打伊藤隼が引っ張って大飛球を放つと、右翼大田が捕れず白球は転々…。2者が生還する適時三塁打をマークした。ワンヒットで同点の局面だったが、原口が空振り三振に倒れ、連勝はならず。

 それでも、打線は今季最多16安打をマークするなど、2戦連続2ケタ安打で上向きだ。惜敗したが、野球でもっとも面白いとされるスコアの8−7を演出。

 金本知憲監督も「打線はやっと昨日、今日とね。今日もいい投手(が相手)だったし。殻を破りつつあるのかなと思っています。今日はタイムリーが出たというのが1番。バランスよくタイムリーが出たからね。前向きにとらえたいし、チームとして自信を持ってほしい」と上がり目を期待した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索