侍秋山が直球流して3点打「菊池や甲斐のおかげ」

侍秋山が直球流して3点打「菊池や甲斐のおかげ」

<2018日米野球:日本7−6MLB選抜>◇第1戦◇9日◇東京ドーム

秋山翔吾外野手(30)が走者一掃の3点適時二塁打を放った。

3点を追う5回1死満塁でアンドリースの147キロ直球を流して、左翼線を破った。一塁走者の菊池も全力でダイヤモンドを駆け抜けて生還。一気に同点に追いついた。

「とにかく前に飛ばして打点になるよう早い球にあわせていった。いいところに飛んでくれた。よく走ってくれた菊池や、チャンスメーカー甲斐のおかげです」と、つないでくれた仲間に感謝した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索