DeNA東「鎖骨で投げる」イチ流トレ経て理想形

DeNA東「鎖骨で投げる」イチ流トレ経て理想形

2年目のテーマは「鎖骨」だ。昨季のセ・リーグ新人王のDeNA東克樹投手が12日、横須賀市内のベイスターズ球場で自主トレを行った。

オフの期間に、鳥取のスポーツジム「ワールドウイング」に初めて通い、初動負荷のトレーニングを本格的に取り入れた。故障防止の考えもあり「理論的な部分を知れた。肩周りの可動域を広げて、投げる時に肘が先に出るのではなく、鎖骨で投げるイメージで」と理想の投球スタイルを見つけた。

愛工大名電の大先輩であるイチローなどが通うことで有名な同施設。「会っていません」と残念そうな表情を浮かべた。1年目の昨季は24試合で11勝5敗、防御率2・45をマーク。先発の軸として期待される今季に向けて「新人も入ってきたので、しっかり頑張りたい」と足もとを見つめた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索