パワプロ西武のBOW川「最高です」涙の初代日本一

パワプロ西武のBOW川「最高です」涙の初代日本一

<eBASEBALLパワプロ・プロリーグ 2018−19 SMBC e日本シリーズ:西武6−3DeNA>◇12日◇東京・ビッグサイトTFTホール

西武のリーダーBOW川(24、本名・大川泰広)が高校以来の悲願を果たした。初代日本一の座に輝くと「最高です」と涙がこぼれた。

自身は長野・佐久長聖で元高校球児。甲子園出場はかなわなかった。その後は会社員を務めながら、パワプロの腕を磨き続けた。昨年のドラフトを経て3人のチームとなったが、メンバーのなたでここは福岡、ミリオンは大阪在住。チーム力を上げるためにリーグ戦が行われる前日には、都内のBOW川宅に集まり練習を積んだ。本番と同じ環境を整えるために、自腹で約2万5000円のモニターも購入。「そこ(環境)から戦いは始まっている。高校野球もチームに打撃マシンがあるかとか、使い古した道具しかないとかがある。平等に与えられるわけではないので。勝つために惜しまなかった。この3人ならば日本一になれると思った」と先頭に立って引っ張った。

主将の姿にミリオン、なたでここも「BOW川さんを日本一にしたかった」と喜びを口にした。3人でつかみ取った日本一の座に「eスポーツはただのゲームではなくて、スポーツ競技として見てもらえるようになりたい。立ち上がりは娯楽かも知れないけど、チームとして熱の入った試合を見せられたらと思っていた。自分1人では無理だけども、NPBさんやコナミさんの協力でパワプロが国体に選ばれたりしたらいい。姿勢で示すことでパワプロを盛り上げていきたい」と話した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索