阪神4位斎藤ブルペン「単身赴任」のパパは順調です

阪神4位斎藤ブルペン「単身赴任」のパパは順調です

阪神のドラフト4位・斎藤友貴哉投手(24=ホンダ)が13日、新人選手のトップを切って、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場でブルペンに入った。立ち投げで、24球。受けた鈴衛ブルペン捕手からは時折、「ナイスボール!」の力強い声がかかった。真剣そのものの表情だった右腕は、はにかんだような笑顔も見せた。

「初めてで(球が)バラバラだったんですが、先輩方がいい球を投げていたので、焦らずやっていきたいです」と振り返った。

斎藤は最速153キロを誇る速球派。即戦力と期待され、1軍キャンプ参加が内定している。妻子がいるが、プロ1年目のシーズンに集中するため、虎風荘に入寮。「単身赴任」のパパが順調に調整を進め、首脳陣にアピールした。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索