イチローに死球きちんと謝罪/ロッテのマン投手略歴

イチローに死球きちんと謝罪/ロッテのマン投手略歴

ロッテが元DeNAで昨季は米大リーグのレンジャーズでプレーしたブランドン・マン投手(34)を獲得することが13日、分かった。週明けにも発表される。

◆ブランドン・マン(BRANDON MANN)1984年5月16日、米ワシントン州生まれ。マウントレーニア高から02年ドラフト27巡目でデビルレイズ(現レイズ)入団。米独立リーグ・サザンメリーランドを経て、11年横浜(現DeNA)にテスト入団。10月に巨人戦で初先発し、初勝利を挙げた。2年間通算28試合3勝9敗、防御率4・27で退団。13年はBCリーグ信濃でプレー。ソフトバンクの入団テストも受けたが、不合格だった。アスレチックスのマイナーなどを経て、18年はレンジャーズに所属した。

同年3月には練習試合でイチロー(マリナーズ)の頭部に147キロのツーシームをぶつけ、降板後に、幼少期から地元ワシントン州のヒーローでファンだったイチローに日本式で謝罪した。その際「全然大丈夫だよと。このことであなたの投球に影響が出るのは嫌なので、内角に投げることは続けてほしいと、そんな言葉をかけてもらった。うれしかった」と話した。

同年5月には33歳でレンジャーズで大リーグデビュー。6試合に登板してメジャー登録40人枠から7月に外れたが、9月に再昇格して1試合に登板した。

好きな言葉は「大和魂」という親日家。日本時代の登録名はブランドン。188センチ、87キロ。左投げ左打ち。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索