オリックス増井 初のセーブ王へ意欲「今年こそ」

オリックス増井 初のセーブ王へ意欲「今年こそ」

オリックス増井浩俊投手(34)が13日、大阪市内の球団施設で自主トレを公開した。ランニングなどで汗を流した増井は「昨年はセーブ王を取れなかったので、今年こそ取れるように」と初のセーブ王獲得に意欲を見せた。そのために40セーブを目標にする。昨季は35セーブをマークしたが、ソフトバンク森が終盤追い上げ、37セーブでタイトルをさらわれた。増井は「40とっておけば、いけると思う」とプロ10年目に目をぎらつかせた。

今年35歳になるが「衰えは感じていない」といい、筋力アップのためのトレーニングにも取り組んでいる。「最近、周囲からもやれそうだと言われるし、40歳までやりたいと思うようになりました」とますます燃えている。40歳までやれば、通算250セーブでの名球会入りも見えてくる。まずはあと35試合に迫った通算500試合登板、あと5つの通算150セーブを目指し、チームの勝利のために今季も右腕をふるう。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索