広島最年長の石原が護摩行で決意「4連覇、日本一」

広島最年長の石原が護摩行で決意「4連覇、日本一」

広島石原慶幸捕手(39)が12日、最年長の誓いを立てた。鹿児島市の最福寺で護摩行に臨み、改めて決意表明。

新井貴浩氏(41)の引退で自身がチーム最年長となることを踏まえ「4連覇、日本一を目指していく。自分の立場をしっかり理解して、やれることをやっていきたい」と話した。

チームを第一に考えている。今年の護摩行にも同じポジションの会沢翼捕手(30)らを伴った。「アツ(会沢)はすばらしい成績を残している。もちろん今年もサポートしていきたい。何年も前から話をしながらやっている」。自身の出場試合数を増やしたいが、勝つためには仲間の支援も惜しまない。陰になり日なたになりチームを支えていく。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索