巨人岩隈、マ軍盟友の青木との対戦「すごく楽しみ」

巨人岩隈、マ軍盟友の青木との対戦「すごく楽しみ」

【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)12日(日本時間13日)=四竈衛】2011年以来、8年ぶりに日本球界へ復帰する巨人岩隈久志投手(37=前マリナーズ)が、同地郊外で自主トレを公開した。17年9月の右肩手術から完全復活を目指す今季は、開幕からの先発ローテ入りが目標。マ軍時代の盟友で同学年のヤクルト青木宣親外野手(37)との対決にも意欲をみせた。

日本で迎える球春が待ち遠しそうだった。ロス地方では珍しく、未明からの悪天候のため、室内練習となったが、岩隈の動きは終始軽やかだった。フライングディスクを追うランニング、フットボールを使ったスローイングはメジャー仕込み。休む間もなく、キャッチボールなどのメニューをこなすと、噴き出す汗を気持ち良さそうに拭った。「体づくりをしっかりやること。キャンプに耐えるというか、みんなと一緒に開幕へ向けていい状態に作っていきたい」。日本の公式球でもツーシームなど球の動きは好感触を得ており、ブランクへの不安もない。

近郊では、連覇を遂げた09年WBCで同僚だった青木も自主トレ中。今回、予定していた“呉越同舟トレ”こそ実現しなかったものの、開幕後は直接対決が待ち受ける。メジャーでは7打数1安打と抑えたが、岩隈にすれば、日本時代を含め痛打された印象が強い。「ノリ(青木)にはめちゃくちゃ打たれた。(米国でも)しっかり芯に当たってますから。でも、すごく楽しみですね」。

日米通算19年目、170勝の実力者も17年は6試合登板で未勝利、昨季は登板なく終わった。「挑戦する気持ち。若手がローテに入り込む気持ちと変わらない。その中でアドバイスできることがあれば」。宮崎キャンプでは、独自調整を認められる見込みだが、試合で投げたい気持ちは、誰よりも強い。「ここ2年くらい投げていないので、その気持ちはしっかり持ちつつ、焦らずにいきたいと思います」と、貪欲さを隠そうとしなかった。

同地には今月中旬まで滞在し、帰国後はジャイアンツ球場で自主トレを続ける予定。「楽しみの方が大きいですね。上原さんも阿部さんもいるので溶け込みやすいと思います」。2月1日、そして開幕へ−。岩隈の笑顔が、状態の良さを物語っていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索