ヤクルト梅野150キロ1回3Kも「変化球はまだ」

ヤクルト梅野150キロ1回3Kも「変化球はまだ」

<練習試合:ヤクルト5−3韓国・KIA>◇11日◇ANA BALLPARK浦添

3年目右腕のヤクルト梅野雄吾投手が最終回に登板し、1回1安打3奪三振で無失点に抑えた。

直球でKIA打線を押し続け、最速は150キロを計測。「今日はボールが指にかかっていたが、変化球はまだまだ。カットボールとスライダーが使えた分、ないよりはよかったかな」と好投に満足することなく、引き締めていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索