稲葉監督が清宮、村上ら侍ジャパン若き大砲候補期待

稲葉監督が清宮、村上ら侍ジャパン若き大砲候補期待

侍ジャパンに若き大砲がそろい踏みする。稲葉篤紀監督(46)が11日、ヤクルトとDeNAの沖縄キャンプを視察。

3月9、10日のメキシコ戦(京セラドーム大阪)の代表候補、ヤクルト村上に「遠くに飛ばすことに関してあの若さで非常にたけている。ポジションも三塁手で、今ジャパンでどうかというところ。若い選手が出てきてくれるとうれしい」と期待した。

米国でキャンプ中の日本ハムを除き、すべてのチームを視察。村上と同世代で同じく有力候補の清宮にも「以前は右手首が良くないと聞いていたが、新聞を見ると良さそうだし、順調に来ているなと思う」と話した。

稲葉監督は、中心選手となりうるセ・リーグを代表する長距離打者にも期待した。ヤクルト山田には「ジャパンとして3拍子そろった選手は非常に大事。そういうところは期待したい」と話し、DeNA筒香には「昨年の日米野球で呼ぼうと思ったが、ちょっと状態が良くなかった。彼はジャパンに対する思いがあるし、またよろしくお願いします、という話はしました」と思いを伝えた。【広重竜太郎】


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索