ソフトバンク大竹が侍への思い熱弁「投げてみたい」

ソフトバンク大竹が侍への思い熱弁「投げてみたい」

<ソフトバンク4−5西武>◇15日◇ヤフオクドーム

ソフトバンク大竹耕太郎投手(23)が、侍ジャパンへの思いを口にした。

この日は勝ち投手にはなれなかったが6回3失点と好投。今季は開幕から7試合すべてクオリティースタート(6回自責点3以下)の安定感を見せている。

この日、侍ジャパンの稲葉監督が視察し「球の出どころが見づらい」「候補に入ってくる」と高評価したことを試合後に聞いた大竹は「そうですか」と目を輝かせた。

「それ(日の丸)を見て育ってきた。高校(済々黌)の時は1次候補に入ったけれどもれた。大学(早大)時代は好調な時は、リーグ戦前に代表が決まっていた。今までは縁がなかった。野球をやっている以上、そういうところで投げてみたい」と代表への思いを熱く語った。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索