ジーター氏に退任要求運動、地元ファンが怒りの反旗

ジーター氏に退任要求運動、地元ファンが怒りの反旗

 マーリンズのオーナー就任後、主力選手を次々に放出しているデレク・ジーター氏(43=元ヤンキース)に対して、怒りに燃える地元ファンが反旗を翻した。

 米ヤフースポーツが12日、同球団の一部のファンが、ジーター氏らオーナー陣を退任に追い込むべく立ち上がったと伝えた。発起人のニコラス・モンカリーノさんがすでに、ネット上で署名を集めることができるサイトでオーナー陣の退任を要求する嘆願書を作成。開幕日までに100万人の署名を目指しており、1週間ですでに30万人が集まったという。

 記事は「不測の事態が起こらない限り、退任に追い込むことは不可能」と前置きしながらも「いら立ったファンが声を上げることは彼らの権利。そして、オーナー陣がファンの信頼を取り戻すためには、長い道のりが待っていることを顕著に示している」と記した。

 ジーター氏らオーナー陣は、昨季メジャー最多59本塁打のスタントン外野手や昨季盗塁王のゴードン内野手をトレードで放出し、イチロー外野手とも契約を延長しなかったため、批判が集中していた。現在は、残っているイエリチ外野手やリアルミュート捕手らが、経営陣に失望しトレードを要求する事態になっている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索