電子機器利用したサイン盗みも議題に GM会議

米大リーグ機構(MLB)は、米カリフォルニア州カールズバッドで3日間行ったGM会議で、電子機器を利用したサイン盗みなどの議題を中心に各球団の首脳陣と話し合いを行った。8日(日本時間9日)、ハレム法務担当はサイン盗みについて「それ自体は違反ではないが、禁止されているのは電子機器で情報を得ること。(球団側から)良い提案もあった。コミッショナーと話して、何ができるか検討していく」と話した。

10月中旬に行われたリーグ優勝決定シリーズでアストロズの職員がレッドソックス側のベンチを監視し、球場から退去させられるという問題が起きていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索