<エンゼルス7−4インディアンス>◇17日(日本時間18日)◇エンゼルスタジアム

「2番DH」でスタメン出場したエンゼルス大谷翔平投手(26)が、第2打席でメジャー単独トップとなる13号3ランを放った。

2点勝ち越した2回1死一、三塁、左腕ヘンジスの高めのボールゾーンに大きく外れた直球を捉え、右翼スタンドへ運んだ。4月25日のアストロズ戦以来となる、2試合連続アーチ。ヤンキースのジャッジらと本塁打数で並んでいたが、単独トップに躍り出た。この日は3打数1安打3打点で、チームの2連勝に貢献した。

第1打席は1点ビハインドの1回1死、フルカウントからの6球目、外角へワンバウンドとなるカーブにバットが止まり、四球で出塁した。3番トラウトの打席で捕逸で二塁へ進塁。さらに1死一、二塁から暴投で三塁へ進塁し、4番レンドンの遊ゴロの間に同点ホームを踏んだ。

4回1死の第3打席は再び四球を選んで出塁。得点には結びつかなかった。

6回2死の第4打席は3番手のサイドスロー右腕サンドリンと対戦し、高めいっぱいの直球を見逃して三振に倒れた。

8回2死の第5打席も見逃し三振。2打席連続の見逃し三振を喫した。