宮崎産経大4強ならず 杉尾は「まだまだ」と悔し涙

宮崎産経大4強ならず 杉尾は「まだまだ」と悔し涙

<全日本大学野球選手権:九産大3−0宮崎産業経営大>◇14日◇準々決勝◇神宮

 初出場の宮崎産業経営大(九州地区南部)が九産大(福岡6大学)がに完封負けし、4強入りはならなかった。

 12日の2回戦創価大(東京新大学)戦で、8回4安打2失点の好投を見せた杉尾剛史投手(3年=宮崎日大)が力投するも8回7安打3失点。打線もつながらず、快進撃はここまで。「まだまだ自分の力じゃ抑えることが出来ないんだと思いました」と涙で潤んだ目で話した。それでも初出場での8強には「出来すぎじゃないですかね。初めて全国で勝つことができて、少しは成長できたと思います。この悔しさを生かして秋、来年の春と勝って行けるように、九産大に勝てるように、練習していきたいと思います」。うれしさと悔しさを味わった初の全国大会だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索