作陽・橋本主将が宣誓「被災者に勇気と感動を」岡山

作陽・橋本主将が宣誓「被災者に勇気と感動を」岡山

<高校野球岡山大会:開会式>◇13日◇倉敷マスカットスタジアム

 岡山大会が開幕し、開会式では西日本豪雨の犠牲者に黙とうがささげられた。

 岡山は水没地域となった倉敷市真備町など、県内で大きな被害を受けた。選手宣誓を務めたのは作陽の橋本龍太主将(3年)。「先日の豪雨によって、岡山県は甚大な被害を受けました。まだ避難をして苦しい生活を余儀なくされている方々もたくさんおられます。その中で、私たち高校球児がこの大会を通じて被災者の方々に、勇気と感動を与えます」と宣誓。作陽には直接的な被害にあった選手はおらず、橋本主将は「こうやって野球をさせてもらっていることに感謝したい」と話した。

 岡山大会は当初3会場で行われる予定だったが、倉敷市営球場が自衛隊の活動拠点となるため、急きょ2会場で日程が組み直された。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索