小児がん克服の折尾愛真・上地が感謝のフルスイング

小児がん克服の折尾愛真・上地が感謝のフルスイング

<全国高校野球選手権:日大三16−3折尾愛真>◇10日◇1回戦

 折尾愛真(北福岡)の4番、上地龍聖内野手(3年)は、大差をつけられての敗戦にも笑みを浮かべていた。

 5歳で小児がん(バーキッド型悪性リンパ腫)が発覚。半年間入院し、抗がん剤治療をほどこした。入院中にボールやバットで遊んでいたという上地少年は「退院する日に、甲子園での早実と駒大苫小牧の決勝再試合(06年夏)を見た。野球をしたいと思った」。その後、千鳥小2年から野球を始め、折尾愛真の4番として甲子園という夢を実現させた。「ここまで大きくなったというところを見せたかったのでフルスイングしました」と三塁側アルプスで応援した両親に感謝した。1回にチーム初打点となる犠飛をマークし「絶対、先制点を取りたいと思っていた」と胸を張った。

 「同じ病気で苦しんでいる人に勇気を与えたかった。大学で野球を続けて、将来は教員になりたい。甲子園は本当に楽しいところでした」。上地のフルスイングは多くの人を勇気づけた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索