熊本工4失策響き2回戦敗退「ミスがすべて」監督

熊本工4失策響き2回戦敗退「ミスがすべて」監督

<全国高校野球選手権:関東第一6−5熊本工>◇14日◇2回戦

熊本工は春夏通算42回の甲子園出場を誇る伝統校らしからぬ4失策が響き、06年以来13年ぶりの3回戦進出を逃した。

相手の機動力を警戒するあまり自滅。田島圭介監督(38)は「ミスからの失点がすべて。二盗、三盗など見えないプレッシャーをかけられ、青山(捕手)が慌てて、森(三塁手)も普段しないミス(2失策)でやられた」と悔やんだ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索