蝶野正洋組との対戦に武藤敬司「山崎方正呼ぼうか」

蝶野正洋組との対戦に武藤敬司「山崎方正呼ぼうか」

 2月16日に後楽園ホールで開催される武藤敬司(55)プロデュースのプロレスリング・マスターズ大会で、蝶野正洋(54)が“リング復帰”を果たす。

 武藤と蝶野が11日に、都内で会見し、大会のメインカードを発表。武藤が、藤波辰爾、長州力、獣神サンダー・ライガーと組んで、蝶野率いる天山広吉、小島聡、ヒロ斎藤、AKIRAのTEAM2000と対戦する。蝶野はセコンドでリングに上がるが、プロレスはしないという。武藤は「マスターズ3回目でやっと、因縁のある蝶野を引っ張り出すことができた。TEAM2000に対抗するため、これぞマスターズのチームというメンバーをそろえた。最高の試合をして、頑張って勝ちたい」と抱負を話した。

 新日本プロレス時代に闘魂三銃士として、ともに団体を引っ張った蝶野は「自分自身は最近試合をやっていないので、今回は総監督という立場で、駅伝の監督のようにチームとしての戦い、配分を采配していきたい。対抗戦の相手は、90年代の新日本のベビーフェースのトップが全部集まっている。どれだけ上手に試合を回すか。とにかく勝ちにいって、花を添えたい」と話した。武藤に「駅伝の監督というなら声は出していいが、手足は出さないでくれ」とクギをさされると、蝶野は「最近はビンタしかないから、得意技はビンタ。何があっても出せるワザ」と、年末12月31日に日本テレビ系で放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで・笑ってはいけないシリーズ」で有名になったビンタを繰り出すことをほのめかした。これに対し武藤も「じゃあ、こっちはセコンドに山崎方正にオファーを出そうか」と、ジョークで返していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索