末吉大2・3初防衛戦へ決意「リング上で見せます」

末吉大2・3初防衛戦へ決意「リング上で見せます」

 ボクシングのチャンピオンカーニバルの日程が12日に都内で発表され、2月3日に後楽園ホールで初防衛戦に臨む日本スーパーフェザー級王者末吉大(まさる、27=帝拳)が意気込みを語った。

 今年も1月20日から5月7日まで13階級で日本王座戦が実施される毎年恒例のイベントだが、この日の会見では対戦相手の同級1位大里拳(23=大鵬)が欠席。「そのせいか少し緊張感に欠けました」と振り返ったが、マイクを握った決意表明では「リングの外でべらべらしゃべるのはあまり好きじゃないので、リング上で見せようと思います」と短く決意を述べた。

 帝拳ジムでは前同級王者の尾川堅一が、昨年12月に米ラスベガスで行われたIBF同級王座決定戦に勝利して世界王者になったばかり。普段から食事などもともにする先輩の快挙に、「すごく刺激になった」と視線も自然と上を向く。名門ジム期待のホープだけに、V1戦でつまずいていられない。「しっかり勝って、いつチャンスが来ての良いようにしていきたい」と語気を強めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索