ベウフォート引退試合中止 相手減量苦で出場できず

ベウフォート引退試合中止 相手減量苦で出場できず

 米総合格闘技UFCのビクトー・ベウフォート(40=ブラジル)が引退試合の中止に見舞われた。

 14日(日本時間15日)のUFCファイトナイト124大会(米セントルイス)で対戦予定だったユライア・ホール(33=ジャマイカ)が減量苦のために13日の前日計量できずに出場をキャンセルしたという。ベウフォートは、このホール戦をもって現役引退することを表明していた。

 ベウフォートは19歳でUFCヘビー級トーナメントを制覇し、99年には日本でPRIDEに参戦し、桜庭和志と対戦して判定負け。04年にはUFCライトヘビー級王座を獲得した。05年にはPRIDEミドル級GPにも参戦。09年には再びUFCに復帰し、11年には秋山成勲とも対戦し、1回KO勝ちを飾っていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索