WWEがスペシャルオリンピックスと協力

WWEがスペシャルオリンピックスと協力

WWEは7日、UAE・アブダビで開催される19年スペシャルオリンピックス夏季世界大会(3月14日〜21日)とのパートナーシップを締結したと発表した。同大会はオリンピック(五輪)同様、夏季・冬季と2年ごとに開催され、知的障害のあるアスリートたちによる世界的なスポーツイベント。中東で初開催となる。

パートナーシップの一環として、WWEはWWEネットワーク、レギュラー番組、PPV大会、ライブイベントなど世界で展開するプラットホームを通じ、告知をサポートする。中東をはじめ、中国、英国、ドイツ、イタリア、カナダ、米国などで開かれるスペシャルオリンピックスのイベントに、中邑真輔やアスカらWWE所属の選手たちが参加する。

WWEチーフ・ブランディング・オフィサーとなるステファニー・マクマホン氏は「スペシャルオリンピックスのアスリートたちが自分たちの限界まで挑戦をする姿は、WWEスーパースターたち、そして世界の人々にインスピレーションを与えます。アスリートたちが自分たちの競技、チームメートに対して見せる情熱と献身は、人間の魂の美しさを教えてくれます。私たちはスペシャルオリンピックスのアスリートたちによる、世界という舞台での競技をサポートできることを誇りに思っています」とコメントした。

24競技で競う同大会には世界176の国・地域から7500人以上のアスリートが集結。大会期間中には、約50万人の観衆が詰めかける見通しとなっている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索