K1武尊、皇治の挑発を一蹴「笑いとかいらない」

K1武尊、皇治の挑発を一蹴「笑いとかいらない」

8日にエディオンアリーナ大阪で開催されるK−1スーパーフェザー級タイトルマッチの公開計量・記者会見が7日、大阪市内で行われ、王者・武尊(27)が人生を懸けての勝利を誓った。

武尊、挑戦者の皇治(29)ともにリミットの60キロで計量をパスした。その後、会見前のツーショット撮影まで両者無言で会場には緊張感が漂ったが、皇治が会見で「(武尊が)K−1のベルトしょってしょってと言っているが、明日からしょうもんがなくなると思うから、ランドセルをしょってもらう」と自身のサイン入りランドセルを持ち出してから雰囲気が変わった。

武尊は「笑いとかいらない」と一蹴。「格闘技界変えるって、口だけじゃ何とでも言えるが、僕は実行している。明日、皇治選手に勝って証明する」と気合を入れた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索