ゴンナパー「誰が来ても良い」トーナメントVに自信

ゴンナパー「誰が来ても良い」トーナメントVに自信

8日にエディオンアリーナ大阪で開催される「K−1 WGP 2018」(日刊スポーツ新聞社後援)の公開計量・記者会見が7日、大阪市内で行われ、K−1ライト級世界最強決定トーナメント優勝候補のゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ)が存在感を見せた。

Krush同級王者のゴンナパー。計量をリミットの62・5キロでパスし、余裕の笑顔をのぞかせた。そして、トーナメント優勝と、卜部功也(28)の持つK−1同級王座への3月挑戦を誓った。

ゴンナパーは「計量が終わって楽な気分。決勝の相手は誰が来ても良いと思っている。明日は必ず1番になって、卜部選手に挑戦したい」。1回戦の相手、Krushスーパー・ライト級王者の篠原悠人(20)も眼中にないといった様子を見せた。

今回のトーナメントには当初、卜部功も出場予定で、決勝での顔合わせが期待されていたが、卜部功が11月の練習中、重度の肉離れを負い、全治6週間の診断で欠場を余儀なくされた。

今回の仕切り直しを前向きに捉えたゴンナパー。目標はあくまでもK−1のベルトだ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索