WWEイタミが前王者にリベンジ 王座挑戦権獲得

WWEイタミが前王者にリベンジ 王座挑戦権獲得

WWEクルーザー級ブランドとなる205 Live大会は10日、WWEネットワークで配信され、ヒデオ・イタミ(37)が、27日(日本時間28日)のPPV大会ロイヤルランブル(米フェニックス)での4WAY形式クルーザー級王座挑戦権を獲得した。

次期挑戦者決定戦で前王者セドリック・アレクサンダー(29)と対戦。ゴング開始から激しいキックをたたき込むと、フランケンシュタイナー、ドロップキックと軽快な動きで攻め込まれた。場外戦の攻防では味方セコンドのアリーヤ・デバリにはレフェリーの死角からクローズライン(ラリアット)を打ち込むサポートを受けた。

背中への強烈なローキックなども連発したイタミはアレクサンダーの波状攻撃を耐え抜き、場外でトペ・コンヒーロを浴びると、負けじとエプロンから場外へのファルコンアローを成功させてダメージを与えた。裏拳でコーナーに追い込むと、串刺しドロップキックを決め、最後は飛龍裸絞めの体勢から強烈なヒザを打ち込んで3カウントを奪取。昨年7月の同級王座戦で敗れていた前王者へのリベンジに成功すると、デバリとともにガッツポーズをつくった。

これで27日に控える19年最初のPPV大会で、イタミは戸沢陽(33)、カリスト(32)とともに、王者バディ・マーフィー(30)に挑戦することが決定。バックステージで試合視察していたマーフィーは挑戦者決定にうなずき、王者の余裕をみせるように拍手を送っていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索